MacBook Proのバッテリーが膨張した!バッテリー交換を自分でする方法。

DIY

ある日、突然それはやってきました。

いつも通り僕のMacBook proをベットまで持っていき、妻と映画を見ていました。何事もなく映画は終わり、他愛もない感想なんかを喋りながらMacBook proをデスクまで持って行きます。ついでにいくつかメールを返信しておこうとタイピングし始めた瞬間、酷い違和感に襲われました。

MacBook proを持ち上げ、何もない事を確認し、机の表面が曲がったりしてないかまでチェックし、やっとその事を理解しました。MacBook proの底が変形しているのです。

スポンサーリンク

MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015) がグラグラする

結構焦りました。MacBook proの底にはゴム製のボタンみたいな部品が4つ付いていて、それが机のなどに置くときの足みたいな役目なんですが、明らかに真ん中らへんが膨らんでいるお陰でゴムが机から浮いてしまってました。机に置いてもグラグラするし、とくにタイピングする時、指でキーを押すたびにグラグラするMacBookは使い物になりません。

もし、あなたが突然同じ症状に見舞われた場合、このページにあなたの探している答えがあります。

症状

初期症状は底が盛り上がってMacBookを机におくと安定せずグラグラします。MacBookの横、USBなどの差込口がある所を見るとマイナスドライバーとか差し込んでこじ開けられそうな隙間が出来ていました。要するにMacBook proのボディー(躯体)が歪んでいるという事です。

僕の場合、操作やタイピング、トラックパッド不具合は出ていませんでした。ただ、症状が悪化すると、トラックパッドの操作が出来なくなったり、ボディー(躯体)横の隙間がもっと大きくなったりするみたいです。

原因

さて、原因ですが症状から見ると、外からの衝撃でボディーが歪んだか中から何かが力を加えているかですが、落としたら自分で気づいているはずですのでここにいるほとんどの方はバッテリーの膨張が原因です。

リチウムバッテリーは充電、放電を繰り返すとどうしても膨張し始めます。こればっかりはどうしようもないらしいです。どれだけ膨張するかは個体差もあり、ほとんどのバッテリーを含む機械はバッテリーが膨張することを前提に設計されています。(膨張してもほかの部品に影響を出さないように)

ただ、その許容範囲以上にバッテリーが膨張する事もあります。今回の状態がこれです。放っておくと治ることもあるみたいですが、ほとんどの場合症状が悪化します。爆破する事はほとんどないでしょうが、ほかの部品に影響が出る前にバッテリーを交換しておきましょう。

MacBook Proのバッテリーを交換する方法 1 正規の修理

大人しくアップルのサポートに連絡するとバッテリーを交換してもらえます。リンクはこちらです。

バッテリー交換には、2つの方法があります。1つは「持ち込み修理」。これは、アップル直営店か、その他の修理してくれるところへあなたのMacBookを持っていくことになります。直営店の場合、予約して行くのがベストです。この方法のメリットは、対応が早いことです。修理に出した数時間から数日後には平らに治ったMacBookを受け取れます。ただ、予約が結構取りづらいみたいです。

2つ目は「配送修理」です。これは、アップルの修理工場にあなたのMacBookを送って修理して貰うサービスです。この場合、配送の時間が余計に取られるため修理に1週間以上かかります。

修理価格

価格は正規の値段を取られます。参考までに2019年現在の値段を記載しておきます。

  • MacBook Air(11インチ/13インチ)12800円
  • MacBook Pro(13インチ/15インチ)12800円
  • MacBook Pro(17インチ)17800円
  • MacBook(12インチ)19800円
  • MacBook Pro Retina ディスプレイモデル(13インチ/15インチ)19800円

アップルさん、ちょっと調子に乗っているでしょ。これ。高いです。しかもほとんどの場合、保証は効きません。ただ、モデルによっては無料バッテリー交換が発表されたりしているので、一度サポートに連絡してみるのもいいかと思います。

メリット デメリット

メリットは、もちろん正規だからこそ安心できる点でしょう。壊れて戻ってくることは絶対ありません。もし壊れちゃったら逆に新品になって帰ってくるでしょう。

デメリットは、費用と時間でしょう。パソコンのスペックを上げるわけでもないのに2万円は払えません。

僕はど田舎に住んでいるため、最寄りの直営店まで片道2時間以上かかること、またMacBook Proなしで1週間過ごすなんて考えられなかったため、早速、両方却下でした。

MacBook Proのバッテリーを交換する方法 2 非正規の修理

iPhoneやらMacBookの正規修理があまりにも高いことに目をつけた修理会社さんがいっぱいあります。「macbook 修理 渋谷(あなたの住んでいる街の名前)」など、ググっていただくと早いかと思います。

修理にかかる時間は、そのお店の混み具合によりますが、バッテリーの場合、バッテリーの在庫さえあれば1日で終わるでしょう。ただ、バッテリー取り寄せなどになる場合、1週間ぐらい待たされることもあるみたいです。

修理価格

正規の価格の2割から3割くらい安いです。それでも、結構なお値段です。

メリット デメリット

メリットは、ちょっとお安いこと。

デメリットは、正規の保証を受けられなくなること。(数年使用しているMacBookの場合あまり関係ないでしょうが)信頼できるお店かわからないことでしょうか。

僕は、誰かにできることは自分にも出来るはずだ精神で生きているので、このオプションはありませんでした。

MacBook Proのバッテリーを交換する方法 3 自分でバッテリーを交換する

さて本題です。

MacBook Pro(Retina, 15-inch, Mid 2015)のバッテリーも自分で交換出来ます。

修理価格

僕は、バッテリーとIPAを買った代金で合計1万円以下でした。正規の半額です。バッテリー自体が結構高いのでこれ以上は安くなりません。

メリット デメリット

メリットは、安さと待ち時間がほぼないことです。(僕は30分で終わりました)

デメリットはやはり、その危険性でしょう。下手すればMacBookごと天国です。

MacBook Proのバッテリーを自分で交換する事は前から普通に行われてきたのですが、2013年retinaディスプレーモデルから様子が変わりました。

なんとバッテリーの固定が両面テープに変更されたのです。しかもめちゃくちゃ強力な物に。無理に取ろうとしてリチウムバッテリーを傷つけてしまえば、最悪爆発炎上の危険もあります。

Apple製品を自分でイジる方の神さま的サイトiFixitでもMacBook pro 2013年モデル以降のバッテリー交換を検索すると、全て難易度MAXの「難しい」に設定されています。

しかし、僕が実際にMacBook Proのretinaモデルのバッテリー交換にチャレンジしてみた感想は「思ったより簡単」でした。

過去に触ったことのあるapple製品イジリは、iMac 2014モデルのメモリーとHDD換装だけ。HDDまでは簡単なのですが、メモリーが奥深くに封印されていたためiMacを完全にバラす必要がありかなり不安な作業でした。その経験と比べると時間も半分くらい、ドキドキ感も半分くらいです。

では今まで、apple製品の中身をイジった経験がほとんどない僕がチャレンジして見事に成功した方法をお教えします。

注意点

この記事に書かれている事を実際に試してみて起きた事について、僕は何の責任も負いません。自己責任でいじって下さい。

上手くいかなかった場合、バッテリーの爆発炎上、トラックパッドが正常に動かなくなる、ディスプレイに影響が出る可能性もあります。もちろん注意して作業すれば全て防げますが。

上記の様なリスクを取ってもメリットがある方のみ以下お読みください。

用意するもの

  • トルクスネジのドライバー
  • 換えのバッテリー
  • IPA(イソプロピルアルコール)
  • タコ糸
  • 注射器
  • アルミホイル
  • ラテックスの手袋
  • プラスチックのギターを弾くためのピックなど

トルクスネジ トルクスネジはAmazonで1000円くらいの特盛なんでも入ってるセットを買っておくと何かと便利です。ただ、「もうこの一回だけしか使いません。」って方は、バッテリーにトルクスネジのドライバーが付いてくる場合があるのでそれを確認してからでもいいでしょう。

これバッテリーについてきました。この二つがあれば大丈夫です。

バッテリー 換えのバッテリーはもちろん必要です。僕はヤフオクで購入しました。今では、amazonでも買えるみたいです。自分のモデルにあったものが必要なため、不安な場合はお店にメッセージを送って合ってるか聞いておきましょう。下のリンクは、MacBook Pro mid 2015 A1398というモデルのバッテリーです。A1398というモデルナンバーはMacBookを裏返すととっても小さい字で書いてあります。

これがモデル番号です。

IPA ビールじゃないですよ。IPA(イソプロピルアルコール)は塗装剥がしや脱脂、薄めて消毒に使われたり、ガソリンの水抜きに使われたりします。今回は、頑固な両面テープを溶かすために使用します。僕は Amazonで1Lに小分けされたものを購入しました。消毒用など、半分に薄められた物など有りますが、揮発性が悪く水分が含まれるので基盤をショートさせる危険性があり危険です。100%IPAの物を購入しましょう。IPAはアルコールですので可燃性が高いです。一度火がついたら消せないので取り扱いには十分気をつけましょう。

タコ糸 自分でMacBook Proのバッテリーを交換すると言う難易度の高い作業ですが、タコ糸は困ったあなたの救世主になってくれます。お近くの100均で手に入れておきましょう。下で紹介する動画では、歯のお掃除に使うフロスを使っています。

注射器 注射器と言っても、100均に売ってる奴で大丈夫です。 IPAをバッテリーの下に垂らす為に使うので、針の部分は細く長い方が使いやすいです。

アルミホイル これは台所にあるでしょう。

ラテックスの手袋  ぴちっとしたゴム手袋です。汗とか付くとまずい部品もありますし出来れば手袋をしておきましょう。

プラスチックのギターを弾くためのピックなど これは爪でいいのですが、爪が短い人は何かプラスチック製の使えそうなものを探してください。

これらが揃えばついに作業開始です!

バッテリーを交換する手順

では順番に手順を見ていきましょう。

⒈ MacBook Pro の準備

まずは、外付HDDなどにバックアップを取っておきましょう。定番はTime Machineですね。その後、バッテリーを完全に使い切ってください。バッテリーは充電された状態の方が爆発発火する危険性が高いです。これでリスクがちょっと減ります。

MacBook Proを閉じる時にそのキーボードとディスプレイの間にアルミホイルを挟みます。これにより、もしIPAがキーボードの隙間などから垂れて来てもディスプレイにかかる事を防げます。

⒉ MacBook Pro裏面パネルを外す

あなたのMacBook Proを解剖していきましょう。

MacBookが傷つかない様、机にタオルを引いて裏向きに置きます。トルクスネジ10本を外すとカバーが外れます。このトルクスネジはよく見ると長さが違うので分かるように置いておきましょう。

⒊ バッテリーのコネクタとネジを外す

汚い。閲覧注意。

中身が丸見えになりました。初めて開けるあなた、きっとほこりまみれなはずです。ささっと掃除しておきましょう。

バッテリーのある方を手前にして置きます。この時、本か何かをMacBook奥側の下に敷いて手前に軽く傾ける様にしておくと、IPAなどの液体が基盤側に流れて行かないのでより安全です。

写真を参考にバッテリーのコネクターを外します。

まずはトラックパッドの配線を取ります。
爪かプラスチックなど電気の通らないものを使ってください。
先にテープを、ペリペリっと剥がしてコネクタを引っ張るように抜いてください。
抜けました。
次は、バッテリーを固定しているネジ2本です。
先に外したコネクターと同じ要領でバッテリーのコネクターを外します。

コネクターを引き抜くときは、間違っても金属製のピンセットやドライバー使わないでください。ショートしたらあなたのMacBookは一生帰ってきません。

これでバッテリーの接続は外れました。

⒋ IPAを垂らす

ここからは、写真で伝えにくいので下に置いてあるビデオを参考に作業を進めてください。

バッテリーの隙間からちょっとずつIPAを垂らしていきます。1つのバッテリーに対して5mlくらいでいいです。全てのバッテリーの隙間に垂らしたら5分くらい待ちます。そして、また同じようにIPAを垂らし、5分くらい待ちましょう。いっぱい垂らしても早く取れるわけではないのでちょっとずつ気長にやってください。

バッテリーをもぎ取る

ここでタコ糸さんの出番です。まず右でも左でもいいので一番外のバッテリー上の隙間にタコ糸を入れ、両面テープをそぎ取るように左右にタコ糸を動かしながら手前に進んで行きます。結構な力で引っ張るため、両手にタコ糸を巻きつけてゴリゴリやってください。ちょっと進んで剥がれなくなったらIPAを垂らしてちょっと待ってから再開してください。

くれぐれもバッテリー自体を無理やり引っ張らないでください。あくまで狙いは両面テープです。

同じように左右両方2つずつ先剥がしましょう。

計4つ剥がせたら、あとは真ん中二つです。この二つはトラックパットにくっついているため、さらに慎重に作業してください。

無残な姿です。今までありがとう。

新しいバッテリーを取り付ける

膨張したバッテリーを取り除いたら本体に残った両面テープの残りを硬いプラスチックのカードか何かでこそぎ落とし、綺麗にします。IPAをちょっとずつかけながら掃除してください。

綺麗になったら、新品のバッテリーを所定の場所に置き、きちんと場所が合っているか確認し、両面テープを剥がして取り付けてください。あとは、外した順番と逆にバッテリーを接続し、ネジを止め、蓋を閉めてください。

これであなたのMacBook Proも元の姿に戻ったはずです!ドキドキしながら電源を入れてみましょう。

参考になる動画

こういった作業をする時に、同じ作業をしている人の動画をスマホなどで再生しながらすると失敗も減りますしおすすめです。全く同じモデルのものはなかなか見つからないでしょうが、することは結局一緒なので参考になると思います。

こちらは2013年モデルなので、バッテリー下のトラックパッド用の基盤がないですね。でもそれ以外は同じです。

Repair: MacBook Pro 15, Late 2013 Battery Replacement [ENGLISH]

こちらはもっと丁寧なやり方です。基盤全部とってるのは、安全のためでしょう。ここまでやるとハードル高いです。ただ、気をつけてやれば全部とる必要ないです。

How to Upgrade / Replace the Battery in a MacBook Pro Retina 15-inch (late 2013 to mid 2015)

まとめ

インターネットで探してみると、結構多くの人がバッテリーの膨張を経験しています。その度に2万円もアップルに払うのも馬鹿らしいですよね。ちょっと危険ですが、慎重にやれば誰にでも出来る作業です。勇気がある方はぜひお試しを。

取ったバッテリーはゴミ箱にポイーしてはいけません。リチウムバッテリーは各自治体の指定する方法で捨てましょう。

DIYその他
この記事かブログ、役に立つぜ!って思った方はぜひ下のボタンからシェアしてください!シェアの数が僕を頑張らせてくれます。
FOLLOW ME
スポンサーリンク
ヒガバナシ ーセルフビルド・アースバックハウス・DIY・英語などー

コメント